占い師の実技審査

2016年5月18日 占い師の審査

占い師は審査が厳しい!様々な知識を学び霊感を鍛えよう!

私は、ある某サイトに所属を行って占い師として相談に応じさせていただいています。私が若かった時は、霊感も低く、占い師として何度も落とされました。そのため、修行を行うために、様々な霊能力者の方へ足を運びました。私が師として出会った方は、電話占い師としても活動をされてまして、審査に厳しい理由をいくつか教えていただきました。
一人でも霊感が低く、的確にアドバイスが出来ない人と言うのは、所属する他の人も含め店舗に影響を与えます。占い師が持つ霊感の本来の役割は、悩み事に対する相談でありまして、相談事に応じづらくなってしまう可能性も高まります。人気が落ちてしまえば、所属する運営会社も収入が得れず、広告として出しづらい事も起き易くなります。つまり、悩み事を抱えている人が、目を通しづらくなってしまうと言う事です。
霊感を高めるための修行と言うのは、独学で行うのでは無く、人のいる場所で行う事も勧められました。独学で行えば、人とのコミュニケーションを遠ざけてしまう可能性があるためです。修行の結果、占い師としての審査に合格をしまして、悩みを持ち合わせている方へ相談に応じさせていただいています。

占い師の審査はオーディション形式

占い師をしています。インターネットで占い師の募集広告を目にして応募しました。占い師といってもすぐにプロとして活躍できるものではなく、素質や知識が物を言う職業です。もちろん面接もあります。私は、会話だけで簡単に占いができるのかと楽観していましたが、実技テストで一回落とされたことがあります。
試験は面接と実技テストだけなのですが、審査は難しいです。特に実技テストは会話だけで即時に判断する力と会話能力を求められるので、慣れていないとしどろもどろになります。
対策としては、応募する店舗や会社に所属している先輩占い師の先生方をチェックすることです。得意分野を分析して、勉強することができます。私はタロット占いでチャレンジしましたが、占星術を得意とする先生の占いを研究して、視野を広めました。

実技審査の厳しさ

占い師になるのに何が大変かというと、実技審査を通過するのが一番大変です。書類審査は自分のことを素直に書けば大抵通るのですが、その後の実技審査でいつも失敗してしまいます。有名な店舗や大きなところになると審査もとても厳しく、並大抵の鑑定では通過できません。
実技審査で必要なことは、占いの技術や鑑定力ももちろんそうなのですが、人の話をきちんと聞く、こちらの言いたいことを正確に相手に伝えるという技術も必要になってきます。また、相手との会話を円滑に進めるための話術も必要です。わたしはいつも鑑定結果を上手く相手に伝えることができずに実技審査で落ちてしまいます。まずは普段から人と会話をして、会話力を高めてからもう一度占い師を目指したいと思います。