占い師の募集に応募する

2016年5月18日 占い師の募集

占い師の求人はどれくらいか

占い師になったときに求人がどれくらいあるのか不安になりますよね。
いろんな占いサイトを見ていればわかると思いますが、求人はけっこうあります。ですが、そこで応募して占い師になったとしても固定客がついてくれるかはまた別の話です。自分の占いがどれだけ当たるかにかかっていますし、お客様がどれくらいリピートしてくれるか、または新規のお客様が自分に興味を持ってくれるか、本当にそういった点がポイントになってくると思います。占い師の求人自体はけっこうあるので、占い師になること自体はそう難しいことではありません。わたしも独学で3年ほど勉強してから、占い会社に応募し占い師になりましたが、最初のころはまったくお客様がつきませんでした。ですが、一年くらいしてやっとぽつぽつとお客様がつき、今では忙しいくらいになりました。

性格が大きく変わりました。

対面の占い師の募集に応募してみたいという願望を持つようになりました。私は結婚してからずっと専業主婦で、現在は子供たちが巣立ってしまい特に孤独感を感じていました。子供たちが小さいころからなんとなく趣味で続けてきた占いを仕事にすることができたらと思うようになりました。そして、対面の占い師の募集を見つけました。絶好のチャンスだという思いになり、すぐに対面の占い師の募集に問い合わせをしてみました。そして、採用されることができました。
実際に対面の占い師の募集をきっかけに働き出すようになってから、大きく自分の性格が変化していることに気付きました。人のために役に立ちたいという思いが、心の底から湧き上がってくるのです。そのため、相談に来た人にどういう言葉をかけてあげたらいいのかと考えながら話を進めることに、とてもやりがいを感じています。

趣味を仕事にした結果

一時期趣味で占いの通信講座を受講していたことがあります。専業主婦となり毎日代わり映えのない日々の潤いになればと思い、趣味程度で始めたのですが、意外にも楽しくなり、せっかくだから占い師として働いてみたいと思うようになりました。そこで占い師の求人について調べてみると、いろいろなところで募集をかけていて、中にはとても有名な店舗での募集もありました。たくさんの占い師募集の中から経験が浅くてもしっかりとサポートをしてくれるというところがあったので、そこに応募してみました。実技審査で学んできた占術を用いて鑑定をした結果、占い師としての所属が決まり、いまでは週に15名ほどのお客様にご利用いただける占い師になりました。趣味程度の占いでしたが、いまでは仕事として毎日占いに向き合っています。趣味が仕事になったので毎日楽しいですし、充実しています。実際にお客様を占ってありがとうと言ってもらえるのが今一番の幸せです。