占い師になりたい

2016年5月18日 占い師になる

占い師になりたい人が増えている

私は夫と2人の子どもと一緒に埼玉県に住んでいる普通の主婦です。つい最近まで専業主婦として子供の面倒を見てきたのですが、子供も大きくなったので働きに出ようと思いました。初めは事務系の仕事をしようとしたのですが、私は占いに興味があったこともあり占い師になりたいと思うようになりました。そこで占い師になるための専門の学校に入ってそこで色々なことを学びました。そして卒業後に占い会社の面接を受けて合格しそこで働くようになりました。
私が入った占い会社は店舗の運営もしているところだったので、先輩占い師に混じって店舗で働くこととなりました。まだまだ勉強不足な点もあり色々と大変なこともありますが、やりがいを感じながら仕事が出来ることに喜びを感じています。ですからこれからもお客様のためそして何よりも自分のために頑張って行きたいと思っています。

占いは現代人に合わせて進化してきているようです。

僕の幼馴染は占い師になりたいと言って、占いの学校にも通っています。もともと占いが好きで、昔から不思議な雰囲気を持った子だったのですが、大学に通い始めてから本格的に占いを学び始めたようです。彼女の話によると、占い師はただ占えばいいのではなくて、お客さんを安心させるような接客のテクニックも必要だと言うのです。自分にはピンときませんでしたが、幼馴染が努力しているのは知っているので、応援はしたいと思います。
最近は対面での占い以外にも電話やメールで占いができるサイトもあるそうです。現代人に合わせて占いも進化しているのです。正直古臭いというマイナスなイメージがありましたが、幼馴染の影響もあってか、占いに対する印象はかなり変わってきました。

占い師の夢を叶える

占い師になりたいというのは、はじめて占い師に占ってもらった20年ほどから抱き続けていた夢でした。しかし、私にあるのは占いへの興味だけで占う力や占いへの知識などが全くなかったので、なれないと思っていました。しかし、最近になって、占いについて教えてくれる学校や通信講座があることを知りました。そこで通信講座を利用して占いの勉強を始めたのです。ひとつの講座自体は3ヶ月ほどで修了するのですが、ひとつの占術だけでは物足りないし、知識も深めたいと思ってたくさんの講座を順番に受講しました。その結果、3年ほどかかりましたがたくさんの占いの技術と知識を身につけることができました。その後気になっていた占い店の募集に応募して、いまでは対面の占い師として活躍しています。占い師になりたいという夢を叶えたいなら、まずは占いの勉強が必要です。