占いについて学ぶ

2016年5月18日 占い師の勉強

3ヶ月でプロの占い師になれる学校へ!

色々な資格のための学校があるように、近年では占い師のための学校も登場しています。私自身趣味で色々と占いをしてきたのですが、プロとしてやっていきたいという気持ちがあり、思い切って通ってみることにしました。
期間は3ヶ月で、その間にプロになるためのさまざまなことを学んでいきます。習う占術ですが、元々得意としていた12暦学のほかに人気のあるタロットカード、気学、姓名判断の4種類を学ぶことが出来ました。実際に学んでみると気学の覚えがとても良かったのですが、的中率の面ではタロットカードとの相性が良かったですね。このように、自分に合った占術を見つける機会としても役立ちました。
3ヶ月が経ってからはプロの占い師として実際に活動を始めましたが、学校で学んだ経験が活きていると感じます。特に自分の能力に不安がある方、しっかり技術を学びたい方にお勧めです。

占い師の学校に行きました

占い師になるためには、いろいろな方法があります。
大きく分けて三つがあると思いますが、一つは占い師の方のところに弟子入りすること、二つ目は学校に入ること、三つ目は独学で勉強してしまうことです。わたしは学校に入って占い師になる勉強をしました。学校に入ることの良い点は、みんなで一緒に勉強できること、いろいろ相談しながら切磋琢磨できるのでいいですよ。それに先生になんでも質問して教えてもらえますし、学校が終了すればお仕事も斡旋してもらえます。一応わたしの学校は占い師の資格が取れることになっているので、箔をつけるためにはよかったかなと思います。その後占い師としてデビューして、お客様もかなりついてきました。独学でやるとやはり占い師になった後のお客様の取り方が難しいと思いますので、わたしはその点ラッキーだったと思います。

独学と通学で学んだ占い

占い師として活躍するためには占いの勉強が欠かせません。わたしは占い師を目指した際、まずは独学で占いについて学んでみました。書店やインターネットを駆使して占術や占い師に関する書籍を集め、それを使って学んでみました。しかし、この方法には難点があり、わからないことがあってもなかなか人に聞くことができないため、勉強してもなかなか身に付かないのです。また、せっかく占術を覚えてもそれを実践する環境がないという点もありました。そこで、有名な占い会社が運営しているという占いの学校に通ってみたところ、わかりやすく体系的に占術を教えてくれましたし、クラスメイトや先生を相手に占いを実践することもでき、通い始めてから占いの技術が高まったように思います。
独学ももちろんいい方法だと思いますが、自分できちんと学ぶ自信がないのなら学校に通うというのもありだと思います。